家族で長生きする生活習慣病への取組みとオルメテック

生活習慣病に対する認識が高まった今日においては家族みんなが元気に長生きできるようにと生活習慣を改善してその予防をしようという人たちが増えてきました。家族の長生きを願うのはどの家庭においても当たり前のことであり、そのために家族の一人一人が高い意識を持って取り組めば一人ではできないような習慣を付けることも可能になるでしょう。
しかし、いかに生活習慣を改善していっても何かの拍子で生活習慣病になってしまう場合もあります。自覚症状がなくてしっかりと測定をしていなければ気づかないことが多いのが高血圧です。高血圧はそれ自体では重篤な症状が出ることはあまりありませんが、血管内の圧力が高い状態が維持されてしまうことによって血管に負担がかかるという問題があります。その結果、血管が厚くもろくなってしまい、動脈硬化に移行することになってしまいます。動脈硬化が起こると血栓が生じたり、血管が裂けてしまうリスクが高まり、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などが発症して死に至ってしまうこともあるのです。
このため、高血圧となってしまった場合にはその状態を維持せずに降圧剤を用いて血圧を下げることが大切です。近年汎用されるようになった降圧剤がオルメテックです。オルメテックはアンジオテンシン2受容体の阻害作用を示すことによって血圧を低下させることができる比較的新しい降圧剤です。それまでに用いられてきた医薬品に比べて安全域が広く、副作用が少ないというメリットからオルメテックは臨床現場においてよく用いられるようになりました。その効果は個人差こそあるものの全般的に見て高いことが多く、信頼の置ける降圧剤としての位置を占めるようになっています。いざ高血圧となってしまった場合には長生きするためもオルメテックを処方してもらうのが良い方法です。